Menu ▼



メニュー

寝相を見ればその人の本当の心が見えてくる

人は寝ている間にいろいろな寝相をしますが、自分にとって一番寝やすい寝方というのがあるはずです。

仰向けであったり、うつ伏せであったりと様々ですが、寝方というのはほとんどの人が無意識に寝やすいように寝ていると思います。

無意識である行動であるがゆえに、起きている時には分からない本当の心の中を映し出していると提唱した人がいます。

アメリカの精神分析医のサミュエル・ダンケルは診療を続けるうち、スリープ・ポジション(寝相)に、その人の性格や心理状態が反映されることに気づいきました。つまり、普段は抑圧されている感情や欲求が、酔ったとき以上に表れやすくなるということです。


睡眠をしていると寝返りを打って寝方も変わりますが、人それぞれ眠りやすい寝方というのをもっています。

その他の寝方だとうまく眠りにつけないこともあります。

子どもの頃よりも、十分に性格が確立された大人の方がより寝方に性格が表れています。

自分の寝方を分析することにより、無意識の心の中を知ることができるかもしれません。



@ 仰向けに寝る人は警戒心が少なく、周りの人に心を開いている人が多いです。
仰向けが一番自然な寝方なのでこのタイプの人は多いと思います、手や足を大きく開いて寝る人は他人に対して少し傲慢な態度があるかもしれません。
人を従える王様タイプの人間に多いと言えます。

A 横向きに体を自然に伸ばして寝る人は、ゆったりとした穏やかな性格の持ち主が多いです。
しかし横向きでも、体を曲げて抱え込んで眠る人は何か心の中に暗いものをもっているかもしれません。
仰向けタイプとは違い、自分を抱えて守っているような感じがしますよね。
このタイプは人と関わるのがあまり好きではない人や、他人と距離をとりたがる人に多いようです。

このように寝相によって分析できることは多くあります。

この寝相が良いとか悪いという話ではなく、自分が気づいていない心の中の本音に気づいたり無意識の行動を思い返すために役立つものなのです。








本当の自分が見える心理学
あなたは人を使う人、それとも使われる人?
性格・本質は三つ子の魂百まで
本当の自分を知るためには「ジョハリの窓」
環境変化にすぐに馴れる人は適応能力が高い
負け惜しみは自己防衛本能(防衛機制)が強い人
人は本質とは違う見せかけの性格も持っている
不満とストレスは「やる気」を生み出すエネルギー
人は将来の予定に対して過剰に想像してしまう
うっかりミスの中に自分の本音が隠れている
服の色は無意識のうちに心模様が反映されている
寝方を見ればその人の本当の心が見えてくる
昔の自慢話は寂しくて自分をアピールしたがっている
恋愛ドラマのヒロインになる空想は現実からの逃避
高級ブランドやスポーツカーにこだわる人は劣等感を持っている
典型的なナルシズム人間は自分のことしか見えない
高級な品物をもらってしまうと心が落ち着かなくなる
人は無意識のうちに自分の欲求を満たす行動をしている








おすすめサイト
★モテる男の恋愛メールテクニック講座
★メルテク術と駆け引きメールで彼をトリコにしよう
★おひとりさまの心構えと老後の対策
★お金の貯め方・使い方・増やし方の思考方法
★ズバリ当たる大人のための血液型診断
★いい女がいい男を選ぶ時代がきた!
★男性に愛される女性の特徴と愛される方法
★間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方
★結婚相手、今の彼で本当にいいの?
★愛されてモテる「可愛い女性」になろう
★婚活での出会いから結婚までのアドバイス
★睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう
★男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
★しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛心理・深層心理
★人相による結婚相手の選び方
★うつ病患者さんは家族全員でサポートしよう


Copyright(c)2015 大人のための心理学 all rights reserved.
  △TOP