Menu ▼



メニュー

高級ブランドやスポーツカーにこだわる人は劣等感を持っている

お金もちがブランド物を身に着けたり高いモノを買ったりするのとは別で、少ない給料にも関わらず身の丈に合わない高級なモノを身に着けたりローンを組んだりする人は、実は心の中に劣等感を持っている人かもしれません。

ブランド品を持つことによって、自分のコンプレックスを補おうとしているのです。

一般的にブランド品は皆が憧れる高級な物であり、持っていることでちょっとした優越感を味わうことができます。

自分自身に何らかのコンプレックスを持った人は、自分をブランド品に置きかえて満足感を得ているのです。
このストレスを解消しようとする心の働きを心理学では、「補償」とよばるようです。


格好良い人は何を着ても格好良く見えませんか?

しかし体型や容姿にコンプレックスを持っている人は、ダサい格好をしてしまうと自分の嫌いな部分を余計に晒してしまうのではないかという恐怖があります。

そのため格好だけでも高級なブランド品を身に着けたり、高級腕時計を買ったりして自分の価値がそのブランドと同じであるような感覚になって満足しています。

自分に自信のない人程、一生懸命自分を飾り立てることもあります。
自分を物に置きかえて満足感を得るという意味では、車はとても良いかもしれません。



時計やバックといった小さな物とは違い、車は大きくて存在感がある上に、堂々と街中で大勢の人にアピールすることができます。

高級カーであれば乗っている人がどんな容姿であれ、羨ましがる人もいるでしょう。
普段自分が人に対して羨ましがっている分、そうした自分以外の他の価値ある物を使って優越感を得ようとしているのです。

大して給料がないので車にお金をかけ過ぎている人は、自分を良く見せようと必死な人が多いです。

自分のことしか見えていない場合があるので、付き合う時は注意が必要です。


車にきらびやかな装飾をし過ぎる人も、実際は自分のコンプレックスを隠すために車を改造して寂しさを紛らわしているだけかもしれません。

必死に自分をアピールしていると思うと少し寂しくなりますね。

内面が輝いている人は、何をしても輝いています。

結局は内面を磨かなくてはいけないのです。







本当の自分が見える心理学
あなたは人を使う人、それとも使われる人?
性格・本質は三つ子の魂百まで
本当の自分を知るためには「ジョハリの窓」
環境変化にすぐに馴れる人は適応能力が高い
負け惜しみは自己防衛本能(防衛機制)が強い人
人は本質とは違う見せかけの性格も持っている
不満とストレスは「やる気」を生み出すエネルギー
人は将来の予定に対して過剰に想像してしまう
うっかりミスの中に自分の本音が隠れている
服の色は無意識のうちに心模様が反映されている
寝方を見ればその人の本当の心が見えてくる
昔の自慢話は寂しくて自分をアピールしたがっている
恋愛ドラマのヒロインになる空想は現実からの逃避
高級ブランドやスポーツカーにこだわる人は劣等感を持っている
典型的なナルシズム人間は自分のことしか見えない
高級な品物をもらってしまうと心が落ち着かなくなる
人は無意識のうちに自分の欲求を満たす行動をしている








おすすめサイト
★モテる男の恋愛メールテクニック講座
★メルテク術と駆け引きメールで彼をトリコにしよう
★おひとりさまの心構えと老後の対策
★お金の貯め方・使い方・増やし方の思考方法
★ズバリ当たる大人のための血液型診断
★いい女がいい男を選ぶ時代がきた!
★男性に愛される女性の特徴と愛される方法
★間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方
★結婚相手、今の彼で本当にいいの?
★愛されてモテる「可愛い女性」になろう
★婚活での出会いから結婚までのアドバイス
★睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう
★男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
★しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛心理・深層心理
★人相による結婚相手の選び方
★うつ病患者さんは家族全員でサポートしよう


Copyright(c)2015 大人のための心理学 all rights reserved.
  △TOP