Menu ▼



メニュー

本当の自分を知るためには「ジョハリの窓」

他人のことは良いところも悪いところも含めよく見えるものです。

自分のこととなればもっと分かっていそうですが、案外そうでもありません。

自分はこういう人間でありたいと思うあまり、本当の自分を隠していたり、それを無意識に意識しないようにしていたりするのです。

そんな自分は認めたくないという気持ちがいつの間にか自分を抑えてしまうようになって、「自分のことは自分がいちばん知っている」と思っていても、いちばん知っていないのは自分なのかもしれません。


それは「ジョハリの窓」を見ても明らかです。

「ジョハリの窓」というのは、アメリカの心理学者ジョセフ・ルフトとハリー・インガムが共同で作ったもので、「ジョハリ」とはふたりの名前を組み合わせた造語です。

この「ジョハリの窓」とは、自分が知っている自分、他人が知っている自分を4つの窓(カテゴリ)に分類して理解することで、他人とのコミュニケーションを円滑にする、心理学ではよく使われているモデル(方法)です。

これは主観的に見た自分と客観的に見た自分を知ることができるため、効果的な自己分析になります。この手法は企業の社員教育・研修にも有効活用しています。

★ 開放の窓
  自分も他人も知っている自分のこと。「自他共に認める」というの
  は、この窓に入ります。

★ 盲点の窓
  他人は知っているが、自分は知らない自分のこと。
  酔ったときに現れる本性などもここに含まれます。

★ 秘密の窓
  自分は知っているが、他人は知らない自分のこと。本当は寂し
  がり屋なのに、友人たちはそれを知らない場合などが、この窓
  に入ります。

★ 未知の窓
  他人も自分も知らない自分のこと。たまたま友人に誘われてカ
  ラオケに行ってみたら、自分でも驚くほど上手だったと気がつくよ
  うな部分がこの窓に含まれます。

 この四つの窓の関係を図示すれば下図のようになります。







本当の自分が見える心理学
あなたは人を使う人、それとも使われる人?
性格・本質は三つ子の魂百まで
本当の自分を知るためには「ジョハリの窓」
環境変化にすぐに馴れる人は適応能力が高い
負け惜しみは自己防衛本能(防衛機制)が強い人
人は本質とは違う見せかけの性格も持っている
不満とストレスは「やる気」を生み出すエネルギー
人は将来の予定に対して過剰に想像してしまう
うっかりミスの中に自分の本音が隠れている
服の色は無意識のうちに心模様が反映されている
寝方を見ればその人の本当の心が見えてくる
昔の自慢話は寂しくて自分をアピールしたがっている
恋愛ドラマのヒロインになる空想は現実からの逃避
高級ブランドやスポーツカーにこだわる人は劣等感を持っている
典型的なナルシズム人間は自分のことしか見えない
高級な品物をもらってしまうと心が落ち着かなくなる
人は無意識のうちに自分の欲求を満たす行動をしている








おすすめサイト
★モテる男の恋愛メールテクニック講座
★メルテク術と駆け引きメールで彼をトリコにしよう
★おひとりさまの心構えと老後の対策
★お金の貯め方・使い方・増やし方の思考方法
★ズバリ当たる大人のための血液型診断
★いい女がいい男を選ぶ時代がきた!
★男性に愛される女性の特徴と愛される方法
★間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方
★結婚相手、今の彼で本当にいいの?
★愛されてモテる「可愛い女性」になろう
★婚活での出会いから結婚までのアドバイス
★睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう
★男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
★しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛心理・深層心理
★人相による結婚相手の選び方
★うつ病患者さんは家族全員でサポートしよう


Copyright(c)2015 大人のための心理学 all rights reserved.
  △TOP