Menu ▼



メニュー

負け惜しみは自己防衛本能(防衛機制)が強い人

負け惜しみはあるいみ合理的で、自分の弱い心をこれ以上打ち砕かれないために自分を守る行動であると言えます。

自分が他人に負けたことを意識すると、自分の心が傷ついてしまいます。

傷ついたままだとかなりのストレスになるので、人は無意識の内にそれを都合よく変化して正当化したものを記憶しようとしています。

そうすることにより傷を浅くすることができます。

このことを心理学用語では、「防衛機制」と呼ばれています。

これは、精神的安定を保つための無意識的な自我の働きを指し、自己を防衛するため,心のなかの不安,恐怖,欲望,衝動などを抑え,鎮める働きも指しています。 19世紀末に S.フロイトによって提唱されたものです。

例えば試合に負けたのは体調が不調だったからだとか、道具を変えたからだとか、とにかく自分にとって都合の良いように考えます。

それだけ聞くと悪い考え方のように思えますが、こうやって変換していくことで、叶えられなかった欲求を少しでも満たそうとしています。

こうでもしなければ、世の中ストレスだらけで心がダメになってしまいます。

たいていの人は無意識の行動のため、思い出せないことが多いと思いますが、誰にでも経験があると思います。

負け惜しみの多い人は周りからは嫌な奴に思われがちですが、「防衛機制」の強い人で、もしかしたら人一倍傷つきやすく繊細なハートの持ち主なのかもしれません。

自分がミスしたのにあれこれ理由をつけて、自分のミスを正当化しようとする人もいます。

ミスを認めてしまうと自信喪失につながる恐れがあるため、そうなる前に自分は悪くない、自分のせいではないと自分を守ろうとしてしまうのです。

このような「防衛機制」の強い人は、負けず嫌いな人が多いようです。

逆に自分のミスや負けを素直に受け入れられる人は、自分自身の評価を必要以上に上げず、己を客観的に見ることができる人だと言えます。

決して負けて悔しくない訳ではありませんが、そういうタイプは自分を強く持っている人で、本当に芯が強い人です。








本当の自分が見える心理学
あなたは人を使う人、それとも使われる人?
性格・本質は三つ子の魂百まで
本当の自分を知るためには「ジョハリの窓」
環境変化にすぐに馴れる人は適応能力が高い
負け惜しみは自己防衛本能(防衛機制)が強い人
人は本質とは違う見せかけの性格も持っている
不満とストレスは「やる気」を生み出すエネルギー
人は将来の予定に対して過剰に想像してしまう
うっかりミスの中に自分の本音が隠れている
服の色は無意識のうちに心模様が反映されている
寝方を見ればその人の本当の心が見えてくる
昔の自慢話は寂しくて自分をアピールしたがっている
恋愛ドラマのヒロインになる空想は現実からの逃避
高級ブランドやスポーツカーにこだわる人は劣等感を持っている
典型的なナルシズム人間は自分のことしか見えない
高級な品物をもらってしまうと心が落ち着かなくなる
人は無意識のうちに自分の欲求を満たす行動をしている








おすすめサイト
★モテる男の恋愛メールテクニック講座
★メルテク術と駆け引きメールで彼をトリコにしよう
★おひとりさまの心構えと老後の対策
★お金の貯め方・使い方・増やし方の思考方法
★ズバリ当たる大人のための血液型診断
★いい女がいい男を選ぶ時代がきた!
★男性に愛される女性の特徴と愛される方法
★間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方
★結婚相手、今の彼で本当にいいの?
★愛されてモテる「可愛い女性」になろう
★婚活での出会いから結婚までのアドバイス
★睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう
★男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
★しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛心理・深層心理
★人相による結婚相手の選び方
★うつ病患者さんは家族全員でサポートしよう


Copyright(c)2015 大人のための心理学 all rights reserved.
  △TOP