Menu ▼



メニュー

感情を表に出さない人は社会環境の影響がある

幼児は自分の怒りや悲しみ、嬉しさなど感じたことがすぐ顔に表れるので、観察しているとその時々の心情が読めます。

幼児期はまだ周りに目が向きにくく本能的な要素が強いため、自分の表情によって他人が受ける影響というのをまだ考えておらず、その時々に思った通りの表情が表れます。

逆に幼児期に表情があまり変わらない子は、何か感情を抑圧しなければいけないような生活をしている可能性があり逆に注意が必要です。

ですが、ある程度の年齢になりますと、感情が表に出なくなりますが、これは環境や社会に適応するため、感情を抑えるようになるからです。

アメリカの心理学者であるエクマンは、人間の表情には動物的表情と社会的表情があり、動物的表情は類人猿から連綿と受け継がれてきたもので、さまざまな民族で共通しているといいます。

その共通した表情とは、「幸福」「怒り」「嫌悪」「悲しみ」「恐怖」という6種類が普遍的な表情で、専門用語で「基本的情動」と呼ばれるようです。

そして、それぞれの国の社会的・環境的な要素の影響を受けることで、ある国では、悲しいときにも悲しい表情を無理に抑え、また別の国では、悲しいときに逆に誇張して悲しむような表情を見せることもあるようです。



日本の場合、成長するにつれ、人に合せて自分の思いとは違った表情を出すことができるようになりますが、社会の中でうまく立ち回っていくために必要なことでもあります。

例えば人が嬉しそうにしている時、嫉妬心が生まれても決して悔しそうな顔はせず笑顔を見せると思います。

自分の思いを隠して嘘の表情を作ることは、人間関係をスムーズにする上で大切なスキルで、このスキルがうまく使いこなせない人は、他人とうまく関わることが難しくなるでしょう。

人は、相手の感情に合わすことで相手と同調しようとし、楽しくなくても相手が笑っていたらこちらも笑顔を作り、相手が何かに怒っていたら一緒に怒ってあげることがあります。

そうすることで、自分が何を思っているかは別にして、相手に理解を示していることを伝えることができます。
言葉を発しなくても表情で感情が伝わるのが良いところです。

外国人はよく「日本人は何を考えているのかわからない」と言いますが、それはこの社会的表情が影響しているというわけです。







嫌な自分を知る心理学
自分が悪いのに、つい八つ当たりしてしまうのは
人は自分にはない能力や才能を羨む本性がある
最初から負けた時の言い訳を作っておくのは卑怯な人
言われたことと逆をしてしまうのは無意識の挑戦意欲
同僚や親友に先を越されるとひどく惨めに感じるのは
冒険したい気持ちがあっても同じパターンを選択してしまう心理
自分とよく似た人を嫌だなと思ってしまうのはなぜ
自分の心を守るため脳を錯覚させてしまうことがある
自分の心を抑制しすぎる人は別の人格を作り上げる
自己愛が強すぎると社会に適応できない人に
非社交的ないシゾイド(統合失調質)パーソナリティ障害とは
感情を表に出さない人は社会環境の影響がある
ギャンブルにのめり込む人は「間歇強化」になっている


あなたの本性をあぶり出すブラックな心理テスト
 @ 「嫌いな人の対処法」がわかる心理テスト
 A 「自分自身の嫌いな部分」がわかる心理テスト
 B 「自分がもっとも欲しているもの」がわかる心理テスト
 C 「内面に隠された欠点」がわかる心理テスト
 D 「恋愛相手に対する理想の高さ」がわかる心理テスト
 E 「裏切られたときの復讐法」がわかる心理テスト
 F 「心の奥に潜む負の部分」がわかる心理テスト







おすすめサイト
★モテる男の恋愛メールテクニック講座
★メルテク術と駆け引きメールで彼をトリコにしよう
★おひとりさまの心構えと老後の対策
★お金の貯め方・使い方・増やし方の思考方法
★ズバリ当たる大人のための血液型診断
★いい女がいい男を選ぶ時代がきた!
★男性に愛される女性の特徴と愛される方法
★間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方
★結婚相手、今の彼で本当にいいの?
★愛されてモテる「可愛い女性」になろう
★婚活での出会いから結婚までのアドバイス
★睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう
★男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
★しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛心理・深層心理
★人相による結婚相手の選び方
★うつ病患者さんは家族全員でサポートしよう


Copyright(c)2015 大人のための心理学 all rights reserved.
  △TOP