Menu ▼



メニュー

自分の心を守るため脳を錯覚させてしまうことがある

人は自分の信念や、それまでの行動内容とは矛盾する、「新しい事実」を突きつけられると、「不快な感情」を引き起こし、その結果、自分の信念や行動と、「新しい事実」のどちらか一方を否定して、矛盾を解消しようとする心理が働きます。

心理学ではこれを「認知的不協和」と呼んでいます。


例えば有名企業に入るために一生懸命勉強し、必死で努力を重ねて面接や試験を受け合格したとします。
それなのに実際入ってみると、実はとんでもなくブラック企業だったということもあるでしょう。

しかし自分が期待して頑張ったぶんは、当然報われなければ割に合わないと思ってしまいます。

そのため本当はブラック企業であることに気づいていたとしても、気づかないふりをし、努力をした結果素晴らしいところに来たのだと脳を錯覚させるような心理的な働きが生じるのです。

もしこんなに努力して一生懸命得たものがブラックだったとはっきり認識してしまうと、割に合わないという矛盾に精神的苦痛を伴うことになります。
自分の心を守るために、たとえ悪くても良いと思い込んで働いてしまうのです。




矛盾を解決するには、脳を錯覚させるのが一番良いと無意識に分かっているのです。

誰が見ても辞めた方が良いと思われるブラック企業にいつまでもしがみついている人は、もしかしたら気づかない振りをして逃げ出せなくなってしまった人かもしれません。

必死で努力した人ほど、努力と結果の大きな矛盾に心が耐えられなくなってしまうのです。

もし努力して得たものが報われない結果だったとしても、それと向き合わなければ前に進むことはできません。

また、真実を見極めるには周りの意見を聞いたり現実を認めたりすることが大切です。
でなければ最初は自分を騙せても、最後の最後には本当に自分がボロボロになってしまう可能性もあります。

ブラック企業に限らず、人は自分のしたことが悪い結果につながっていたとは知りたくないものです。
たとえ悪いと分かってもそんなはずはないと自分の行動を肯定させようとします。

真実から目を背けていないか振り返ってみる必要がありそうです。







嫌な自分を知る心理学
自分が悪いのに、つい八つ当たりしてしまうのは
人は自分にはない能力や才能を羨む本性がある
最初から負けた時の言い訳を作っておくのは卑怯な人
言われたことと逆をしてしまうのは無意識の挑戦意欲
同僚や親友に先を越されるとひどく惨めに感じるのは
冒険したい気持ちがあっても同じパターンを選択してしまう心理
自分とよく似た人を嫌だなと思ってしまうのはなぜ
自分の心を守るため脳を錯覚させてしまうことがある
自分の心を抑制しすぎる人は別の人格を作り上げる
自己愛が強すぎると社会に適応できない人に
非社交的ないシゾイド(統合失調質)パーソナリティ障害とは
感情を表に出さない人は社会環境の影響がある
ギャンブルにのめり込む人は「間歇強化」になっている


あなたの本性をあぶり出すブラックな心理テスト
 @ 「嫌いな人の対処法」がわかる心理テスト
 A 「自分自身の嫌いな部分」がわかる心理テスト
 B 「自分がもっとも欲しているもの」がわかる心理テスト
 C 「内面に隠された欠点」がわかる心理テスト
 D 「恋愛相手に対する理想の高さ」がわかる心理テスト
 E 「裏切られたときの復讐法」がわかる心理テスト
 F 「心の奥に潜む負の部分」がわかる心理テスト







おすすめサイト
★モテる男の恋愛メールテクニック講座
★メルテク術と駆け引きメールで彼をトリコにしよう
★おひとりさまの心構えと老後の対策
★お金の貯め方・使い方・増やし方の思考方法
★ズバリ当たる大人のための血液型診断
★いい女がいい男を選ぶ時代がきた!
★男性に愛される女性の特徴と愛される方法
★間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方
★結婚相手、今の彼で本当にいいの?
★愛されてモテる「可愛い女性」になろう
★婚活での出会いから結婚までのアドバイス
★睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう
★男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
★しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛心理・深層心理
★人相による結婚相手の選び方
★うつ病患者さんは家族全員でサポートしよう


Copyright(c)2015 大人のための心理学 all rights reserved.
  △TOP