Menu ▼



メニュー

相手タイプに応じて明示的説得と暗示的説得を使い分けよう

仕事でも日常生活でも、自分に同意してもらうために誰かを説得しなければならないことが沢山あるでしょう。

上司にハンコを押してもらう、会議で企画を認めてもらうなど、あらゆるところに説得が必要な場面が出てきます。

しかし要求を通そうと強引に説得しようとするとモメゴトを起こすきっかけになります。

誰かを説得する際、誰にでも同じ言い方をするのではなく、相手によって手法を変えることで効果的に進めることができます。

ただ説明するのではなく、心理的に相手を説得していくことが重要で、その手法は2つあるとされています。

まずは、理由を述べたあとにはっきりと結論を明示し、相手を自分の意見に賛同させようとする
『明示的説得』というのがあります。

次に
『暗示的説得』で、これは理由を述べても結論は出さず、相手が自分で決定権をもっていると思えるような説得の仕方です。



明示的説得が有効なタイプは、人の意見に流されやすく、人の説明をそのまま鵜呑みにしやすい人です。そういう人には、こちらの結論をきっちり説明しておく方が自分の意見を決めやすくなるのです。

きちんと理論的に説明しておくことで、相手はあなたの意見を肯定してくれる可能性が高くなります。

逆に暗示的説得が有効なタイプは、自分に自信をもっていて人に流されにくく、いつでも結論は自分で決めたがる人です。そういうタイプの人は、人の意見には疑いの目を向け、きちんと自分で納得しなければ気が済みません。

理論的に意見を述べた上で結論をあえて黙っておくことにより、自分で結論を出せるようにします。
こういうタイプに明示的説得を行ってしまうと、例え良い意見でも押し付けられた感じがして反感をもちやすいです。

逆のタイプの人間に間違った説得の仕方をすると衝突の原因になるので、その人に合った方法を見つけることが有効的です。







組織の中での心理学
満場一致を求める会議は同調効果で危険
仕事のできる人よりできない人の方が上司に好かれる
参加人数の多い会議ほどリンゲルマン効果で名案が出ない
ゴマをするのも人間関係の円滑化には大切なテクニック
会議であなたの真正面に席を取る人はライバル視している
無意識に出てしまう口癖でその人の本音や心理が分かる
上司の気持ちは視線の角度でわかる
服やネクタイの好みの色には深層心理が隠れている
高圧的な人ほどしっかり反論する人が好き
頼みごとを聞けば聞くほど信頼を失っていく
上司に決裁でハンコをもらうには機嫌が良いときに
相手の意見を否定すると説得は不可能
相手タイプに応じて明示的説得と暗示的説得を使い分けよう
優柔不断な上司は二者択一のアプローチを求めている







おすすめサイト
★モテる男の恋愛メールテクニック講座
★メルテク術と駆け引きメールで彼をトリコにしよう
★おひとりさまの心構えと老後の対策
★お金の貯め方・使い方・増やし方の思考方法
★ズバリ当たる大人のための血液型診断
★いい女がいい男を選ぶ時代がきた!
★男性に愛される女性の特徴と愛される方法
★間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方
★結婚相手、今の彼で本当にいいの?
★愛されてモテる「可愛い女性」になろう
★婚活での出会いから結婚までのアドバイス
★睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう
★男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
★しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛心理・深層心理
★人相による結婚相手の選び方
★うつ病患者さんは家族全員でサポートしよう


Copyright(c)2015 大人のための心理学 all rights reserved.
  △TOP