Menu ▼



メニュー

優柔不断な上司は二者択一のアプローチを求めている

なかなか結論を決められない人がいますが、そのタイプは大きく2つに分けることができます。

物事を深く考え、なるべくマイナスにならないための結論を出す人と、ただどうすれば良いのか分からず優柔不断になるタイプです。

優柔不断な人は、
自分の行動や判断に自信がなくなかなか結論を出すことができません。

大事な問題をきちんと考えて良いように判断できるなら熟考するのも良いのですが、レストランでメニュー一つ決めるのにも何十分も掛かっているのなら周りの人に嫌がられてしまいます。

優柔不断が絶対悪いというわけではありませんが、どちらを選んでも大差ないようなことをいつまでも悩んでいる人は、人から頼りなく見えてしまいます。

優柔不断な人は自分で分かっていてもなかなか性格を変えることができません。

何を食べるかなど自分の人生に大きく影響しないものを選ぶ時は、最初に目に入ったものにするなど自分の中でルールを作っておくと良いでしょう。

迷わない経験を積むことで少しずつですが優柔不断な自分を変えていくことができます。



あなたが優柔不断な人と関わらなければならない時は、ある程度こちらで選択の幅を狭めておくことが効果的です。
あれもこれもと選択の余地があるといつまで経っても前に進みません。

それよりは、AかBの2つの中からどちらかを選んでもらうようにすると決めやすいです。

優柔不断なタイプは案外人に決めてもらった方がすんなり納得する場合が多いので、メニューを決める時も「自分はこっちを頼むから、あなたはこれにしたらどう?」など提案型にするのも一手です。

一方すぐに判断できる人にもタイプがあり、直観で決めるタイプと自分の中で良し悪しの決断を瞬時に出せるタイプがあります。


直観に頼りすぎる人は結論を早まって後悔することも多いので気を付けなければなりません。

それとは違い、自分の今までの経験を元に瞬時に判断できる人は、例え失敗しても自分で納得することができます。







組織の中での心理学
満場一致を求める会議は同調効果で危険
仕事のできる人よりできない人の方が上司に好かれる
参加人数の多い会議ほどリンゲルマン効果で名案が出ない
ゴマをするのも人間関係の円滑化には大切なテクニック
会議であなたの真正面に席を取る人はライバル視している
無意識に出てしまう口癖でその人の本音や心理が分かる
上司の気持ちは視線の角度でわかる
服やネクタイの好みの色には深層心理が隠れている
高圧的な人ほどしっかり反論する人が好き
頼みごとを聞けば聞くほど信頼を失っていく
上司に決裁でハンコをもらうには機嫌が良いときに
相手の意見を否定すると説得は不可能
相手タイプに応じて明示的説得と暗示的説得を使い分けよう
優柔不断な上司は二者択一のアプローチを求めている







おすすめサイト
★モテる男の恋愛メールテクニック講座
★メルテク術と駆け引きメールで彼をトリコにしよう
★おひとりさまの心構えと老後の対策
★お金の貯め方・使い方・増やし方の思考方法
★ズバリ当たる大人のための血液型診断
★いい女がいい男を選ぶ時代がきた!
★男性に愛される女性の特徴と愛される方法
★間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方
★結婚相手、今の彼で本当にいいの?
★愛されてモテる「可愛い女性」になろう
★婚活での出会いから結婚までのアドバイス
★睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう
★男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
★しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛心理・深層心理
★人相による結婚相手の選び方
★うつ病患者さんは家族全員でサポートしよう


Copyright(c)2015 大人のための心理学 all rights reserved.
  △TOP