Menu ▼



メニュー

参加人数の多い会議ほどリンゲルマン効果で名案が出ない

『リンゲルマン効果』というのを聞いたことがあるでしょうか。

リンゲルマン効果とは、単独で作業するよりも、集団で作業する方が、一人あたりの作業量が低下する現象をさします。

この効果は心理学者のリンゲルマンが発見したもので、簡単に説明すると、人は一緒に活動する人数が増えれば増えるほど自分の力を発揮しなくなるというものです。


この手抜きの実験で有名なものは綱引きです。

人数が少ない時に100%の力を出しているとすると、人数が増えれば増えるほどその力は減少してしまうのです。

人は、一緒に目標に向かって頑張る人が自分以外にも沢山いると、自分が多少手を抜いても誰かがやってくれるだろうと思うのです。
しかもそれは他の人も同じく感じていることなので、サボる人が多くなり全体の力が大きく半減してしまうのです。

逆に少ない人数でやる場合は、自分の力が大きく影響するのでやりがいが出てくることと、自分のやったことが良い成果として表れた時は、やはり自分がいなければと自分を誇りに思い、増々力が出てくるものです。

人は大勢の中の一人であるよりも、少人数で一人一人の力が重要になってくるような場面の方が自分を誇りに思うことができます。



日本人に多いのは、見て見ぬふりです。

困っている人がいる時、すぐに手を差し出すことができますか?

周りに大勢の人がいてそれを見ていたとしたら、心配になりつつもどうせ自分以外の人が何とかするだろうと考えがちです。
自分しかいなければすぐに助ける人が多いはずなのに、人数が沢山いることによって意識レベルが下がってしまうのです。

自分という存在が大人数のなかに埋もれているときには、人は力を出し惜しみます。

これは会議でも同じことが言えます。

数人で話し合う時は、自分の力が大きく影響してくるのでどんどん話し合いは進みますが、大人数での話し合いになると、自分の役割が見えてこないので発言をする気があまり起こらなくなります。

会議だけでなく、一人ひとりの力を出してほしいと考えるならば、少人数で活動する方が人数を増やすよりも効果的です。








組織の中での心理学
満場一致を求める会議は同調効果で危険
仕事のできる人よりできない人の方が上司に好かれる
参加人数の多い会議ほどリンゲルマン効果で名案が出ない
ゴマをするのも人間関係の円滑化には大切なテクニック
会議であなたの真正面に席を取る人はライバル視している
無意識に出てしまう口癖でその人の本音や心理が分かる
上司の気持ちは視線の角度でわかる
服やネクタイの好みの色には深層心理が隠れている
高圧的な人ほどしっかり反論する人が好き
頼みごとを聞けば聞くほど信頼を失っていく
上司に決裁でハンコをもらうには機嫌が良いときに
相手の意見を否定すると説得は不可能
相手タイプに応じて明示的説得と暗示的説得を使い分けよう
優柔不断な上司は二者択一のアプローチを求めている







おすすめサイト
★モテる男の恋愛メールテクニック講座
★メルテク術と駆け引きメールで彼をトリコにしよう
★おひとりさまの心構えと老後の対策
★お金の貯め方・使い方・増やし方の思考方法
★ズバリ当たる大人のための血液型診断
★いい女がいい男を選ぶ時代がきた!
★男性に愛される女性の特徴と愛される方法
★間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方
★結婚相手、今の彼で本当にいいの?
★愛されてモテる「可愛い女性」になろう
★婚活での出会いから結婚までのアドバイス
★睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう
★男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
★しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛心理・深層心理
★人相による結婚相手の選び方
★うつ病患者さんは家族全員でサポートしよう


Copyright(c)2015 大人のための心理学 all rights reserved.
  △TOP