Menu ▼



メニュー

人の本性は意見が食い違ったときに表れる

誰一人として同じ人間がいないように、人それぞれ違った意見をもっています。

それだけに会社での人間関係を良好に築いていないと、ちょっとしたコミュニケーション不足で、会社を退職せざるを得なくなることだってあるのです。

そうかといって「組織の中では、うかつに本音や本心を披露できない」のも事実であり、なかなか難しい問題を含んでいます。

いずれにしても、人間関係をうまく築くというのは、つまり対人関係のコミュニケーションを円滑にすることであり、そのためには周囲の人たちの意見が食い違ったときのリアクションを観察して対応するのが良いでしょう。

たとえば大きなプロジェクトを遂行する部署に所属していて、そのプロジェクトの進め方で、意見が食い違ったとしましょう。

そんなときに、それぞれのメンバーがどういうリアクションをするかで、相手の本音を探り、それに合わせた人間関係の対応をすることが大切です。それを間違うと、人間関係が気まずくなってしまうのです。

@ 相手の意見を聞いて従う人

地味でコツコツと仕事はするのでしょうが、自己主張は控え目で、面白みに欠ける人です。
このタイプとうまくやりたいときには、聞き役に回りながら、相手の意見や主張を引き出してあげるのが良いでしょう。



A 自分の意見を主張してなかなか引き下がらない人

自信家でリーダーシップもしっかり取れる人で、周囲から頼りがいにされることが多いでしょう。
こういうタイプとは正面切って議論しても激論になるだけで人間関係を危うくさせることがあります。できるだけ時間をかけて、正確な数字やデータを示しながら説得していくことです。


B 相手の誤りを的確に指摘して反対意見を言う人

プライドが高く、権勢欲も強いので、自分に反対する者は徹底的に排除しようとするところがあるので、慎重な対応が必要です。
反論を述べるときには、「イエス・バット法」や「イエス・アンド法」を利用するといいでしょう。


C 反対意見であっても同調して従う人

ちょっとした仕事の手伝いをしてもらうときにはいいでしょうが、大きなプロジェクトなどでは、根性のはいった仕事はできません。あまり期待しないほうがいいでしょう。





相性の良し悪しを知る心理学
ウマが合う、合わないは相手との距離に表れる
第一印象が悪いと最後まで悪い印象が残ってしまう
悪いイメージはいつまでもつきまとう負の効果
自分がその人を嫌っていると自分も嫌われる
共通の敵を作ると嫌いだった人とも親しくなる
人は話す内容よりも声のトーンや話し方の方に印象が残る
相手が信じられないとお互いに足を引っ張り共倒れになる
足をしきりに組み替えるのは苛立っている証拠
ポーカーフェイスを装っても手や目線には感情が出てしまう
曖昧な表現で問いかけると話は伝わらない
人の本性は意見が食い違ったときに表れる








おすすめサイト
★モテる男の恋愛メールテクニック講座
★メルテク術と駆け引きメールで彼をトリコにしよう
★おひとりさまの心構えと老後の対策
★お金の貯め方・使い方・増やし方の思考方法
★ズバリ当たる大人のための血液型診断
★いい女がいい男を選ぶ時代がきた!
★男性に愛される女性の特徴と愛される方法
★間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方
★結婚相手、今の彼で本当にいいの?
★愛されてモテる「可愛い女性」になろう
★婚活での出会いから結婚までのアドバイス
★睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう
★男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
★しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛心理・深層心理
★人相による結婚相手の選び方
★うつ病患者さんは家族全員でサポートしよう


Copyright(c)2015 大人のための心理学 all rights reserved.
  △TOP