Menu ▼



メニュー

ポーカーフェイスを装っても手や目線には感情が出てしまう

誰かと話している時に、相手が体のどこかを触ったり手がそわそわしたりしているのを見たことがあるでしょう。

表情と同じくらい手は本音が表れやすい場所で、人は無意識に感情が手の仕草や目線などで表れてしまいます。

ほとんどの人が気づかない間にやってしまうので、あなたも気を付けなければ相手に本音を見抜かれているかもしれませんよ。

たとえば、話しているときに腕組みをしている人がいますが、腕組みはクローズポジションと言ってこちらに対してあまり好意を持っていない時に出てきます。

企業の取引先の相手が商談中に、あなたの話を聞いて腕組みをしてしまったら、あまり良い結果は期待できないでしょう。

学校の先生が怒る時によく腕組みをしたりしますが、これは相手を威嚇する時にも使われる方法です。

もし腕組みをするクセのある人は、相手にあまり良い印象を与えないので気を付けましょう。



目線があなたではなく違う方を向いていたら、それは退屈してきている証拠です。

人は自分の体の一部を触ることで安心感を得ることがあるので、退屈以外にも、もしかしたらその状況に落ち着かないのかもしれません。

髪を触るだけでなく髪をくるくると指に巻きつける人は、甘えたがりの人に多く、大人の雰囲気をもつ女性にはあまり見られません。

その辺も人を見る判断材料として注目してみると良さそうです。

どちらにしても話はロクに聞いていないので、大事な話があるなら環境を変えてからのほうが良さそうです。

口を手で隠したがる人もいますが、これは自分の本音を知られないように手を口でふさいでいる仕草ですので、そういった仕草を見た時は、言っていることと実際に考えていることとは違うと思ったほうが良いでしょう。





相性の良し悪しを知る心理学
ウマが合う、合わないは相手との距離に表れる
第一印象が悪いと最後まで悪い印象が残ってしまう
悪いイメージはいつまでもつきまとう負の効果
自分がその人を嫌っていると自分も嫌われる
共通の敵を作ると嫌いだった人とも親しくなる
人は話す内容よりも声のトーンや話し方の方に印象が残る
相手が信じられないとお互いに足を引っ張り共倒れになる
足をしきりに組み替えるのは苛立っている証拠
ポーカーフェイスを装っても手や目線には感情が出てしまう
曖昧な表現で問いかけると話は伝わらない
人の本性は意見が食い違ったときに表れる








おすすめサイト
★モテる男の恋愛メールテクニック講座
★メルテク術と駆け引きメールで彼をトリコにしよう
★おひとりさまの心構えと老後の対策
★お金の貯め方・使い方・増やし方の思考方法
★ズバリ当たる大人のための血液型診断
★いい女がいい男を選ぶ時代がきた!
★男性に愛される女性の特徴と愛される方法
★間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方
★結婚相手、今の彼で本当にいいの?
★愛されてモテる「可愛い女性」になろう
★婚活での出会いから結婚までのアドバイス
★睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう
★男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
★しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛心理・深層心理
★人相による結婚相手の選び方
★うつ病患者さんは家族全員でサポートしよう


Copyright(c)2015 大人のための心理学 all rights reserved.
  △TOP