Menu ▼



メニュー

カップルが喧嘩をするとプライドの高い男は彼女を責める

喧嘩をするほど仲が良いなんて言う人もいますが、子どもならまだしも恋人同士であまりにも喧嘩が多いのは考えものです。

お互いを気遣うことができなければ、好きであっても喧嘩が原因で別れてしまうこともあります。

喧嘩は普段心の中で抑えているようなことや、言ってはいけないことまで言ってしまうことがあり、そうなれば仲直りをしたからと言って相手の傷が癒えるわけではありません。

ふとした時に思い出したり、結局別れのきっかけになったりするのです。
喧嘩をしてふたりの仲が良くなったという人もいますが、それは相手の隠していた本心を聞き出して親密になったような気になっているだけです。

喧嘩はどちらかが先に折れなければ終わりません。
しかし男性はなかなか謝りたがらない人が多いようです。


ちなみに、男性は失敗の原因を相手に求める傾向があります。これを「外的帰属」といいます。反対に、女性は失敗体験の原因を自分に求める傾向があり、「内的帰属」というそうです。

ですから、男性は、たとえケンカの原因が自分にあったとしても、自分から連絡を取ったり、「ごめん」という謝罪の言葉を口にするのが苦手だということです。

認めることで自分の正義が打ち砕かれるのを嫌がっているのです。
相手が先に謝れば自分も謝れるけれど、自分が先に謝ってしまうと相手が上に立ってしまうような気がしています。



自分の方が上に立ちたいという気持ちは、女性よりも男性の方が強く、それは性格の問題というより本能と言えるでしょう。
しかしいくら自分から謝りたくないと言っても、女性の方が謝ってこない場合は自分が先に折れる方が良いケースもあります。

「関係を修復したい」という女性の気持ちが男性より弱い場合、男性から連絡しなければ修復は困難です。なぜなら
「最小関心の原理」という心理が働くためです。

これは「相手への関心が少ない側が恋愛の主導権を握る」という心理状態です。
早い話が「惚れた弱み」という心理です。

ですから、喧嘩をしてその後冷静になった時、本当に彼女のことが大切なら早めに関係を修復しなければ取り返しのつかないことになります。





男と女の恋愛心理学
美女と野獣のカップルは現実世界でも当てはまる
玉の輿ほど離婚のリスクも高いのはなぜ
やきもちを焼く人ほど潜在意識に浮気願望が潜んでいる
丸顔の人が逆三角形顔の人よりも好かれるわけ
どこを念入りにメイクするかで女性の気持ちは表れる
なぜ旅行先で知り合った恋は幻に終わってしまうのか
押しの一手は心理学的にも効果あり
片思いは薄っぺらな恋愛よりはるかに純粋な恋心
自分から胸襟を開けば相手も心を開いてくれる
恋の行方は待ち合わせ場所で左右される
女性のボディータッチに弱い男は乳幼児期の欲求不満が強い
男性は教え魔が多く指導欲求が女性より強い
高級レストランへの誘いは女性との関係を深めたい欲求
スーツ姿とジーパン姿では信頼度が格段に違う
「髪は女性の命」でありヘアスタイルで性格が分かる
吊り橋効果で好感度をアップするにはタイミングが大切
女性が占いを信じやすいのは暗示にかかりやすい本質が
カップルが喧嘩をするとプライドの高い男は彼女を責める
お互いにフォローできないカップルはいずれ離婚する







おすすめサイト
★モテる男の恋愛メールテクニック講座
★メルテク術と駆け引きメールで彼をトリコにしよう
★おひとりさまの心構えと老後の対策
★お金の貯め方・使い方・増やし方の思考方法
★ズバリ当たる大人のための血液型診断
★いい女がいい男を選ぶ時代がきた!
★男性に愛される女性の特徴と愛される方法
★間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方
★結婚相手、今の彼で本当にいいの?
★愛されてモテる「可愛い女性」になろう
★婚活での出会いから結婚までのアドバイス
★睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう
★男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
★しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛心理・深層心理
★人相による結婚相手の選び方
★うつ病患者さんは家族全員でサポートしよう


Copyright(c)2015 大人のための心理学 all rights reserved.
  △TOP