Menu ▼



メニュー

お互いにフォローできないカップルはいずれ離婚する

結婚がうまくいくカップルは相手との相性が良い場合で、それが良くないとどんなに好きであっても離婚につながるケースが多くあります。
自分と相手がフォローし合えるカップルは長続きします。

つまり人は自分にない性格や性質を他人に求めたがる傾向があり、これを「相補性の法則」といいますが、自分が相手のマイナス面を補い、また自分も相手に補ってもらうことで良好な夫婦関係が続いていくのです。

「おしどり夫婦」などといわれ長年連れ添っているカップルを見ますと、「夫が短気で妻は気が長い」「夫は無口で妻はおしゃべり」「夫はルーズで妻は几帳面」というように、お互いを補っているのです。


テレビドラマでも鬼嫁と優しい旦那が話題になることがありますが、ふたりが長続きするのは、やはりお互いをフォローし合っているからなのです。

どちらかが完全に相手を支配するような関係は、恋人の間は良くても結婚となると一生の問題ですから関係が崩れていくことが多いのです。



それは、愛情のキャッチボールがうまくいっておらず、どちらか一方の愛情が大きく、それに対して一方は興味関心が薄い場合です。どんなにこちらが愛情深く接していても、相手の自分に対しての興味関心が低いと愛情に飢えてしまうことになります。

そのように人は愛に飢えると、それを補ってくれる別の愛を求めるようになるもので、あまりの愛情の薄さにだんだんと嫌気がさして、別の相手を求めるようになるのです。

全く浮気などしないと思われるな男性が、いつも妻に邪険にされ続けた結果、いつの間にかキャバクラや浮気にはまってしまったという例は枚挙にいとまがありません。

妻のほうは、相手を支配しているつもりで、自分が愛情を返さなくても沢山愛情をくれるので安心しきっているのです。

自分の夫は大丈夫だなんて安心していると痛い目を見るかもしれませんよ。
結婚はお互いが愛情をもち、お互いを補い合えるような関係でなければうまくいかないのです。





男と女の恋愛心理学
美女と野獣のカップルは現実世界でも当てはまる
玉の輿ほど離婚のリスクも高いのはなぜ
やきもちを焼く人ほど潜在意識に浮気願望が潜んでいる
丸顔の人が逆三角形顔の人よりも好かれるわけ
どこを念入りにメイクするかで女性の気持ちは表れる
なぜ旅行先で知り合った恋は幻に終わってしまうのか
押しの一手は心理学的にも効果あり
片思いは薄っぺらな恋愛よりはるかに純粋な恋心
自分から胸襟を開けば相手も心を開いてくれる
恋の行方は待ち合わせ場所で左右される
女性のボディータッチに弱い男は乳幼児期の欲求不満が強い
男性は教え魔が多く指導欲求が女性より強い
高級レストランへの誘いは女性との関係を深めたい欲求
スーツ姿とジーパン姿では信頼度が格段に違う
「髪は女性の命」でありヘアスタイルで性格が分かる
吊り橋効果で好感度をアップするにはタイミングが大切
女性が占いを信じやすいのは暗示にかかりやすい本質が
カップルが喧嘩をするとプライドの高い男は彼女を責める
お互いにフォローできないカップルはいずれ離婚する







おすすめサイト
★モテる男の恋愛メールテクニック講座
★メルテク術と駆け引きメールで彼をトリコにしよう
★おひとりさまの心構えと老後の対策
★お金の貯め方・使い方・増やし方の思考方法
★ズバリ当たる大人のための血液型診断
★いい女がいい男を選ぶ時代がきた!
★男性に愛される女性の特徴と愛される方法
★間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方
★結婚相手、今の彼で本当にいいの?
★愛されてモテる「可愛い女性」になろう
★婚活での出会いから結婚までのアドバイス
★睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう
★男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
★しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛心理・深層心理
★人相による結婚相手の選び方
★うつ病患者さんは家族全員でサポートしよう


Copyright(c)2015 大人のための心理学 all rights reserved.
  △TOP