Menu ▼



メニュー

誰かを褒めたいときは第三者を介して伝えると効果がある

小説に出てくるウィンザー侯爵夫人のセリフから名づけられた『ウィンザー効果』というものがあります。
これは、直接本人から聞くよりも、同じ言葉でも第三者から聞いた方が説得力や影響力があるというものです。


ちなみにこれは、アーリーン・ロマノネス著「伯爵夫人はスパイ」という自伝的スパイ小説に登場するウィンザー公夫人の「第三者の褒め言葉はどんなときでもいちばん効き目があるのよ、忘れないでね、いつかきっと役に立つわ」というセリフに由来しているそうです。

この効果をうまく普段の生活に取り入れることによって、苦手な相手や好意をもってほしい相手に良い影響を与えていくことができます。

一対一の人間関係だけでなく、不特定多数の人に向けて発信することもできるのでぜひ覚えておくと良いでしょう。

あなたも経験があると思いますが、自分の良い噂を他人から聞くととても嬉しくなりますね。

直接良いところを言われても、本心を疑ったりお世辞だったりするのではないかと勘繰ってしまいますが、他人から噂として聞かされると、わざわざ嘘を他人に言ったりしないだろうという心理から、本心だと信じてしまいます。



この心理を利用すると、自分のことを良く思っていない人との関係を修復することも可能です。
直接相手を褒めても関係はあまり変わりませんが、第三者から良い噂を流してもらうことによって、自分のことを好意的に見てくれるようになります。

人は本心で自分に好意を持っている人を、よほど生理的な問題がない限り、嫌いになることはありません。
恋愛でもこのテクニックは役に立ち、意中の人に、その友だちから「彼女、お前のことが本気で好きみたいだぞ」と伝えてもらうのも効果的です。


はっきり直接本人に好きだと伝えるよりも、ちょっと曖昧さを残しておいたほうが相手はあなたのことをより意識するようになります。
真実がどうなのか分からないほうが、人は気になって仕方がなくなるものです。

いつも気にしていると自然と好意が出てくることがあるので、恋愛で使ってみるのも一手です。

レストランなどでは、口コミを書いてもらうことで新規のお客でも親しみをもって来てもらえるという効果があります。

ただ悪い口コミしかないと逆の効果になるという危険性もありますが。







応用できる心理学
病院でクラシックやジャズの音楽が流れる謎
甘え上手が密かに使う上目遣い
ピグマリオン効果を発揮するには褒めて育てるほうがいい
私がではなく、私たちはの方が責任は小さくなる
落ち込んでいるとき優しく接すれば好意を抱いてしまう
大きなお願いをする前には小さなお願いをしておいた方が良い
最初に無理難題を吹っかけておくと願いが叶えやすい
「ロー・ボール・テクニック」で悪い条件を承諾させよう
セールスでは立て板に水よりも口下手なほうが成績がいい
話すことよりも黙ってじっくり相手の話を聞くことのほうが難しい
前提暗示法で別れの魔術師になろう
誰かを褒めたいときは第三者を介して伝えると効果がある
時間にルーズな人でも時間を守る時間の端数効果








おすすめサイト
★モテる男の恋愛メールテクニック講座
★メルテク術と駆け引きメールで彼をトリコにしよう
★おひとりさまの心構えと老後の対策
★お金の貯め方・使い方・増やし方の思考方法
★ズバリ当たる大人のための血液型診断
★いい女がいい男を選ぶ時代がきた!
★男性に愛される女性の特徴と愛される方法
★間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方
★結婚相手、今の彼で本当にいいの?
★愛されてモテる「可愛い女性」になろう
★婚活での出会いから結婚までのアドバイス
★睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう
★男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
★しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛心理・深層心理
★人相による結婚相手の選び方
★うつ病患者さんは家族全員でサポートしよう


Copyright(c)2015 大人のための心理学 all rights reserved.
  △TOP