Menu ▼



メニュー

「グレー」と「黒色」の色彩による心理効果を活用しよう

@ 「グレー」の色彩による心理効果で警戒心を解きほぐそう

★ 謝罪するときはグレーを身につけると効果的です。相手の気持ちを和らげて、怒りを鎮めたいときにグレーを利用するのです。グレー好きには「コミュニケーションの低さ」を踏まえ、デリケートに接近しましょう。


オフィスの事務用品などによく使われるグレーは、スーツの定番カラーでもあり、ビジネスシーンにふさわしいイメージがあります。グレーには堅実で地味という印象もあるのですが、仕事の効率をアップさせる心理効果かあるとも指摘されています。

色彩心理学では、グレーは「ヒーリングカラー」といわれており、気分を和らげる効果があるのですが、その効果を最大限に活用できるのが、「謝罪」のときです。グレーは、相手の怒りを鎮める色であり、穏やかな印象を与えると同時に、相手の警戒心を解きほぐす効果もあるからです。

目立たずに控え目な印象を与えるため、個性を抑えられるのも謝罪の場には好都合でしょう。謝罪に限らず、相手の信頼を得たいときや上品さをアピールしたいときにも、グレーが効果的です。

★ グレーを好んで身につける人の正確は、温厚で用心深く、控え目です。自分にあまり自信がなく、社交性に欠け、人に嫌われることをおそれるといった特徴があります。警戒心がとても強く、コミュニケーション力は高くありません。

これを逆手に取り、このようなタイプには柔らかな物腰であくまでデリケートに接することが減速です。プライバシーに踏み込むような会話は避けましょう。



A 黒の色彩による心理効果で自信と威厳を感じさせよう

★ 交渉や商談の場を有利に進める効果も期待できます。自分を強く見せたり、神秘性を高めたりしたいときには、黒を身につけましょう。黒を好む人には、理解者であることをアピールして懐に入るのもテクニックです。


「黒」は拒絶を示すのでコミュニケーションには不向きではありますが、黒にはプラスの心理効果もたくさんあります。黒は「強さ」「権威」「高級感」「自信」といったイメージを相手に与えるので、ビジネスシーンでも有効に活用できるはずです。特に交渉や商談の場において、有利に進められる降下も期待できます。

★ また、黒には「神秘性」や「プロ意識」を感じさせる効果もありますので、自分をミステリアスに見せたいときやプロフェッショナルと思わせたいときなどにも、黒を身につけるといいでしょう。

黒を好んで身につける人は、孤独を好み、独立心が強く、完ぺき主義者であるという傾向があります。反骨精神があり、周囲の意見に迎合しないといった特徴があるため、近寄りがたいイメージが強いのですが、自己愛が強いナルシストであることが多いのです。

彼らは自分を嫌われ者だと思っていますが、
「誰かに愛されたい、認められたい」という願望が人一倍強い傾向があります。

そこを狙う形で、「私だけはあなたの理解者である」ことを主張すれば、相手の懐にすっと入れるでしょう。







応用できる心理学
病院でクラシックやジャズの音楽が流れる謎
甘え上手が密かに使う上目遣い
ピグマリオン効果を発揮するには褒めて育てるほうがいい
私がではなく、私たちはの方が責任は小さくなる
落ち込んでいるとき優しく接すれば好意を抱いてしまう
大きなお願いをする前には小さなお願いをしておいた方が良い
最初に無理難題を吹っかけておくと願いが叶えやすい
「ロー・ボール・テクニック」で悪い条件を承諾させよう
セールスでは立て板に水よりも口下手なほうが成績がいい
話すことよりも黙ってじっくり相手の話を聞くことのほうが難しい
前提暗示法で別れの魔術師になろう
誰かを褒めたいときは第三者を介して伝えると効果がある
時間にルーズな人でも時間を守る時間の端数効果

「赤色」と「黄色」の色彩による心理効果を活用しよう
「グレー」と「黒色」の色彩による心理効果を活用しよう







おすすめサイト
★モテる男の恋愛メールテクニック講座
★メルテク術と駆け引きメールで彼をトリコにしよう
★おひとりさまの心構えと老後の対策
★お金の貯め方・使い方・増やし方の思考方法
★ズバリ当たる大人のための血液型診断
★いい女がいい男を選ぶ時代がきた!
★男性に愛される女性の特徴と愛される方法
★間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方
★結婚相手、今の彼で本当にいいの?
★愛されてモテる「可愛い女性」になろう
★婚活での出会いから結婚までのアドバイス
★睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう
★男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
★しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛心理・深層心理
★人相による結婚相手の選び方
★うつ病患者さんは家族全員でサポートしよう


Copyright(c)2015 大人のための心理学 all rights reserved.
  △TOP