Menu ▼



メニュー

ピグマリオン効果を発揮するには褒めて育てるほうがいい

教育でも会社の営業でも、モチベーションが結果に大きく反映してきます。

モチベーションは、教える方も教えられるほうも高いほうが、より良い結果を得ることができますが、これは期待されると、期待してくれた人に好感を持ち、なるべく期待に応えたいと思うからです。

こういう現象を「ピグマリオン効果」と呼ばれており、つまり他者への期待値がその後の成長を決定づける大きな要因のひとつになるというものです。


好意に応えたいという「好意の返報性」があることからも、褒められたいと思う人がいるほうが人は育ちます。

あなたも昔、好きな先生の科目はテスト勉強もよくするし、授業も楽しかったという経験がありませんか?
楽しいという経験は人を成長させる上でとても大切なことです。

叱られてばかりだと、叱る人のことも苦手になると同時にモチベーションも下がっていくのでどんどん悪い方向に進んでしまいます。

学校で生徒の成績を上げたいと思うなら、叱る効果よりも、褒める効果のほうが良い結果を生み出すことができます。失敗して叱られる恐怖よりも、褒められると嬉しい、楽しいと思う環境のほうが人は伸び伸びできるからです。



昔から「褒めて育てよ」と言いますが、それは大変理にかなった方法だったのです。

褒めて育つのは学校だけでなく会社でも同じです。

いつも上司に叱られてばかりだとモチベーションはどんどん下がってきます。


ノルマを与えた時に、それをこなせなかったことを責めるのではなく前回よりも伸びた時、それを褒めるほうがこれからのモチベーションが上がります。

成績や頑張りを褒めるだけでなく、その人自身の何かを褒めるという行為はお互いの人間関係を良好に保つためにも効果的です。「すごいね」「今日の服装素敵」「感動した」などというだけでも、相手はあなたのことを好意的に見てくれます。

それはたとえあなたの上司に言っても効果があり、「今日のネクタイ素敵ですね」など相手を褒めることでその好意は自分にも返ってくるのです。





応用できる心理学
病院でクラシックやジャズの音楽が流れる謎
甘え上手が密かに使う上目遣い
ピグマリオン効果を発揮するには褒めて育てるほうがいい
私がではなく、私たちはの方が責任は小さくなる
落ち込んでいるとき優しく接すれば好意を抱いてしまう
大きなお願いをする前には小さなお願いをしておいた方が良い
最初に無理難題を吹っかけておくと願いが叶えやすい
「ロー・ボール・テクニック」で悪い条件を承諾させよう
セールスでは立て板に水よりも口下手なほうが成績がいい
話すことよりも黙ってじっくり相手の話を聞くことのほうが難しい
前提暗示法で別れの魔術師になろう
誰かを褒めたいときは第三者を介して伝えると効果がある
時間にルーズな人でも時間を守る時間の端数効果








おすすめサイト
★モテる男の恋愛メールテクニック講座
★メルテク術と駆け引きメールで彼をトリコにしよう
★おひとりさまの心構えと老後の対策
★お金の貯め方・使い方・増やし方の思考方法
★ズバリ当たる大人のための血液型診断
★いい女がいい男を選ぶ時代がきた!
★男性に愛される女性の特徴と愛される方法
★間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方
★結婚相手、今の彼で本当にいいの?
★愛されてモテる「可愛い女性」になろう
★婚活での出会いから結婚までのアドバイス
★睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう
★男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
★しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛心理・深層心理
★人相による結婚相手の選び方
★うつ病患者さんは家族全員でサポートしよう


Copyright(c)2015 大人のための心理学 all rights reserved.
  △TOP