Menu ▼



メニュー

大きなお願いをする前には小さなお願いをしておいた方が良い

誰かに何かお願いをしたい時、最初からあまり大きな願いごとを言うと相手は警戒して聞き入れてくれないことが多いです。

最初から大きな願い事を言われると、相手も無理であるとはっきり断りやすいのです。

商品の販売員も、お客に向かって最初から高い商品を売ろうとはしませんよね。

まずはジワジワと相手が断りにくい状況を作っていきます。
うまくいくと、買うつもりのなかった人にも商品を買ってもらうことができます。

テクニックとしては、とりあえず最初に「無料のお試し商品です」と言って商品を試してもらうのです。

無料お試し品は、人から手渡された物でないとあまりありがたみはありませんが、店頭や訪問販売で受け取ると、販売員とのつながりができてしまいます。

たとえそれが販売員だとしても、人から無料でもらったことによりその人に恩ができたような気がしてしまいます。

その後小さな願い、つまり手に入れやすい値段の商品を紹介され、無料でもらってしまった後ろめたさからつい買ってしまう人がいるのです。




小さなものを買ってもらった後はどんどん大きな商品を勧められますが、一度聞いてしまったことから何となく断りづらい気持ちになります。

デパ地下などでも、考えてもいない物を勧められ、とりあえずと試食をさせられることがあると思いますが、試食をするという相手の小さな願いを聞いてしまうと、断ることが苦手な人は、無料でくれた相手に申し訳なくなってつい必要のないモノを買ってしまうことがあります。

このように、だんだんと願いごとを大きくして相手を説得していく方法を、
「フット・イン・ザ・ドア・テクニック」と言います。
要は、頼まれたことに対し「イエス」と言ってしまうと、次のお願いに「ノー」と言えなくなる心理です。それは自分の行動に統一性をもたせようとする心理によるものです。

最初は小さな願いごとを聞いてもらい、後にそれより大きな願いごとを聞いてもらうことは普段の生活でも役に立ちます。
仕事でも、最初から大きな仕事を頼むのではなく、小さな仕事から頼むことで、徐々に大きな仕事を頼むと良いでしょう。





応用できる心理学
病院でクラシックやジャズの音楽が流れる謎
甘え上手が密かに使う上目遣い
ピグマリオン効果を発揮するには褒めて育てるほうがいい
私がではなく、私たちはの方が責任は小さくなる
落ち込んでいるとき優しく接すれば好意を抱いてしまう
大きなお願いをする前には小さなお願いをしておいた方が良い
最初に無理難題を吹っかけておくと願いが叶えやすい
「ロー・ボール・テクニック」で悪い条件を承諾させよう
セールスでは立て板に水よりも口下手なほうが成績がいい
話すことよりも黙ってじっくり相手の話を聞くことのほうが難しい
前提暗示法で別れの魔術師になろう
誰かを褒めたいときは第三者を介して伝えると効果がある
時間にルーズな人でも時間を守る時間の端数効果








おすすめサイト
★モテる男の恋愛メールテクニック講座
★メルテク術と駆け引きメールで彼をトリコにしよう
★おひとりさまの心構えと老後の対策
★お金の貯め方・使い方・増やし方の思考方法
★ズバリ当たる大人のための血液型診断
★いい女がいい男を選ぶ時代がきた!
★男性に愛される女性の特徴と愛される方法
★間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方
★結婚相手、今の彼で本当にいいの?
★愛されてモテる「可愛い女性」になろう
★婚活での出会いから結婚までのアドバイス
★睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう
★男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
★しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛心理・深層心理
★人相による結婚相手の選び方
★うつ病患者さんは家族全員でサポートしよう


Copyright(c)2015 大人のための心理学 all rights reserved.
  △TOP