Menu ▼



メニュー

セールスでは立て板に水よりも口下手なほうが成績がいい

心理学に「カタルシス効果」という言葉があります。
カタルシス効果とは、人は自分のイライラや不安、緊張などを言葉によって表に吐き出すことで癒しを得ることができるというものです。


とくにセールスマンで流暢にしゃべる人は、聞いているほうが騙されるのではないかと警戒しますが、訥弁でゆるゆるしゃべる人は、お客さんの話をじっくり聞いてあげるので、自然と契約率が高まるようです。

これはカルタシス効果を応用して、お客さんの悩みなどを聞いてあげた結果です。

誰もが経験あるでしょうが、悩みを誰かにぶつけてただ話し続けるだけで、特にアドバイスをもらったわけでもないのに話し終わったあとスッキリしているというものです。

人は、悩みやどうしようもない感情を一人で抱え込むことはとても苦痛に感じてしまい、それが自分にとって悪いことであればあるほど、誰かに聞いてもらいたくなるものです。

自分の思いを吐き出すことによって、自分の中でいくらか整理することができ、それによって心が少し軽くなります。

色々アドバイスをもらった方が役に立ちそうですが、感情を落ち着けるのに一番良いのはただ聞いてもらうことです。



途中でアドバイスをくれたり話を折られたり、自分と違う意見を出されたりするとまたイライラが積もってしまいます。

あなたが誰かに悩みを聞いて欲しいと言われた時もそうですが、よほどあなたの意見を求められていない限り黙って聞いてあげてください。その際、「うんうん」と頷くだけで相手は自分を受け入れてくれていると感じます。

特にあなたがアドバイスをしなくても、話し終わった時にはあなたに感謝していることでしょう。

うつ病患者に接するカウンセラーでさえも、積極的にウツ病を直す方法がないので、ただ、黙って患者の言うことをきいているだけです。
うつ患者さんに寄り添ってとにかく話を聞いてあげることが重要だと考えているのです。
不思議ですが、下手にアドバイスをするよりも、ただ聞くだけのほうが相手の心を落ち着かせることができ、どんな薬よりも黙って聞くことが特効薬なのです。





応用できる心理学
病院でクラシックやジャズの音楽が流れる謎
甘え上手が密かに使う上目遣い
ピグマリオン効果を発揮するには褒めて育てるほうがいい
私がではなく、私たちはの方が責任は小さくなる
落ち込んでいるとき優しく接すれば好意を抱いてしまう
大きなお願いをする前には小さなお願いをしておいた方が良い
最初に無理難題を吹っかけておくと願いが叶えやすい
「ロー・ボール・テクニック」で悪い条件を承諾させよう
セールスでは立て板に水よりも口下手なほうが成績がいい
話すことよりも黙ってじっくり相手の話を聞くことのほうが難しい
前提暗示法で別れの魔術師になろう
誰かを褒めたいときは第三者を介して伝えると効果がある
時間にルーズな人でも時間を守る時間の端数効果








おすすめサイト
★モテる男の恋愛メールテクニック講座
★メルテク術と駆け引きメールで彼をトリコにしよう
★おひとりさまの心構えと老後の対策
★お金の貯め方・使い方・増やし方の思考方法
★ズバリ当たる大人のための血液型診断
★いい女がいい男を選ぶ時代がきた!
★男性に愛される女性の特徴と愛される方法
★間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方
★結婚相手、今の彼で本当にいいの?
★愛されてモテる「可愛い女性」になろう
★婚活での出会いから結婚までのアドバイス
★睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう
★男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
★しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛心理・深層心理
★人相による結婚相手の選び方
★うつ病患者さんは家族全員でサポートしよう


Copyright(c)2015 大人のための心理学 all rights reserved.
  △TOP