Menu ▼



メニュー

男と女は生まれながらに平等には創られていない

これは、どちらが上でどちらが下であるなどという低い次元ではなく、陰と陽は、もともと正反対に創られており、社会での働き方、あるいは社会で果たす役割が全く違うということです。

そもそも女と男は体の構造が異なっています。


たとえば筋肉の付き方や骨格構造を見ても、女は男のように力仕事をするようにはできていないし、ボクシングや空手や柔道といった激しいスポーツをするようにもできていません。

無茶をすると子どもを産めないような体になってしまうので、生来、女性の体は荒っぽいことにはむいていないのです。要するに、人間という種が絶滅しないように、自然はそういう創りを女性にさせているのです。

これらのことは、オリンピックのスポーツ競技の記録を見ても、走る、飛ぶ、投げる、泳ぐ、重い物を持ち上げるといった基本的な身体運動能力では、女は男より劣っているのです。

体の構造だけでなく、精神構造も全く違っているのです。

たとえば育児を見ただけでも分かるように、たとえ男が子どもをあやそうとしても乳が出ないのです。その一点だけでも男が育児に向かないことが分かるでしょう。

逆に、母親は赤ん坊の泣き声を聞いただけでお乳が張ってくる。赤ん坊が求めているのは、父親ではなく母親なのです。

男のゴツゴツした体に抱かれて喜ぶ子どももいません。心地が悪いから、赤ん坊はすぐ泣いてしまいますが、女性の柔らかい体に包まれますと、安らかに眠るものです。



もし、あなたが赤ん坊なら、父親に抱かれて浪花節のような子守唄を聞きながら安らかに眠ることができるでしょうか。おそらくぐっすり眠ることはできないはずです。

「男」という字が「田」に「力」と書くように、外で働くことが本分で、「女」という字は、うやうやしく畳に手をついている姿を字にしたように、内で働くことを本分としています。
ですから、男が外で働き、女が家庭にいて料理などを作るのがごく当たり前の姿といえます。

それを最近では「男尊女卑」とか男女平等の考え方から外れているなどと吹聴されていますが、この考え方は根本的に違っているのです。


男と女は陽と陰であり、お互いに果たす役割が違っているのであり、形式的な男女平等に惑わされてはいけません。


最近は男女同権とか男女共同参画などと言って、女性を外で働かそうとする風潮がありますが、これはあくまで、少子高齢化で働き出が少なくなったため、女性を無理やり社会に放り出して働かそうとしているだけなのです。
そんな社会で女性が犠牲になる必要などないのです。
女性は堂々と家事と育児を立派に果たしたらいいのです。







おすすめサイト
★モテる男の恋愛メールテクニック講座
★メルテク術と駆け引きメールで彼をトリコにしよう
★おひとりさまの心構えと老後の対策
★お金の貯め方・使い方・増やし方の思考方法
★ズバリ当たる大人のための血液型診断
★いい女がいい男を選ぶ時代がきた!
★男性に愛される女性の特徴と愛される方法
★間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方
★結婚相手、今の彼で本当にいいの?
★愛されてモテる「可愛い女性」になろう
★婚活での出会いから結婚までのアドバイス
★睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう
★男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
★しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛心理・深層心理
★人相による結婚相手の選び方
★うつ病患者さんは家族全員でサポートしよう


Copyright(c)2015 大人のための心理学 all rights reserved.
  △TOP