Menu ▼



メニュー

夫唱婦随は天(陽)地(陰)の法則に合致

家庭が天国になるのも地獄になるのも、夫婦がいかに調和するかがポイントとなります。「古事記」にも書かれているように、「夫がまず唱え、妻これに従う」というのが、法則になるわけです。

男性は陽であり燃える火に象徴され、陽は陰の先に立ちます。

陰は受動的で、女性は陰とされます。

ですから、男性は能動的で発動的であり、女性は受動的な働きとなります。

発動的なものが先に立って、受動的なものが素直に受けて、そしてそれに従うというのが、これが天地の法則である、ということになっています。

その天地の道を『古事記』には
まず天(あめ)の御柱(みはしら)という宇宙を支える中心の柱を、伊邪那岐(いざなぎ…男の神様)の神様と伊邪那美(いざなみ…女の神様)の神様とが両方からお回りになった。
そして伊邪那岐(男)の神様は左から、伊邪那美(女)の神様は右からお回りになるのです。

右というのは、女性は陰であり水で象徴され、水の極という漢字をあてはめて「水極」と書いて「ミギ」と読みます。

それから左というのは、男性は陽であり火で象徴され、火が足りる、火が十分足りる、火の極であり、すなわち「火足(ひだり)」ということになります。



また、「天男地女」というように、天(陽)は男性に配し、地(陰)は女性に配し、天が地を覆うのが本来の陰陽の道であります。
ですから、女性上位の家庭は地が天を覆う形となって、天地の法則に反しますので、こういう家庭では、何かと家庭内でのトラブルが絶えないのです。


男女の役割、あるいは生き方にしても、天地の理、あるいは陰陽の理に則った家庭生活をしますと、家庭が融和して素晴らしい夫婦となるのです。

左右に関してもうひとつ付言すれば、若い男女のカップルが腕を組んで街中を歩いているときに、男性が左、女性が右に並んで歩くのが、本来意識しないでもそういう歩き方になるのが陰陽に則った歩き方です。

もし、男性が右、女性が左になって腕を組んで歩いているようなら、女性上位のカップルであり、陰陽の法則から外れています。

街中へ出たときに、ちょっと観察されてみてはいかがでしょう。







おすすめサイト
★モテる男の恋愛メールテクニック講座
★メルテク術と駆け引きメールで彼をトリコにしよう
★おひとりさまの心構えと老後の対策
★お金の貯め方・使い方・増やし方の思考方法
★ズバリ当たる大人のための血液型診断
★いい女がいい男を選ぶ時代がきた!
★男性に愛される女性の特徴と愛される方法
★間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方
★結婚相手、今の彼で本当にいいの?
★愛されてモテる「可愛い女性」になろう
★婚活での出会いから結婚までのアドバイス
★睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう
★男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
★しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛心理・深層心理
★人相による結婚相手の選び方
★うつ病患者さんは家族全員でサポートしよう


Copyright(c)2015 大人のための心理学 all rights reserved.
  △TOP