Menu ▼



メニュー

社会の組織も陰と陽のバランスをとっている

陰と陽の関係は、不即不離の関係で成り立っており、切り離すことはできないのであり、ちょうど因果関係は、「風」と「波」のようなものといえますが、陰と陽の関係は、「水」と「波」のような関係で、どちらか一方を切り離すことはできないのです。

ですから、自分の嫌いな人(陰)だけを排除して、自分の気に入った人だけ(陽)を自分の周囲に集めようと思っても無理なのです。

あるいは、戦争(陰)を強く憎んで平和(陽)だけを、いくら望んでも、人間の心の中に、戦争と平和の二面性が潜んでいる限り、それは無理なのです。

ちょうど、一本の棒を手にとって、左側の部分だけを捨てようとしても、残った棒には、必ず右と左があるようなものです。
これは、個人の問題だけでなく、社会の組織の中にも陰陽の法則は働いています。

会社の組織には、仕事のできる人(陽)が2割、仕事のできない人(陰)が2割いて、ふつうに仕事のできる人が6割程度いるといわれています。
会社としては、仕事のできない人の2割を辞めさせたいと思っているのでしょうが、もし、この2割の人を辞めさせたら会社としては、どうなるとお思いでしょうか。

仕事のできる人だけが残るように思うかもしれませんが、やはり残った人の中で、仕事のできる人が2割、仕事のできない人が2割、ふつうに仕事のできる人が6割の割合になるように、分かれてしまうようです。

ですから、どんなに仕事のできない人を辞めさせようとしても、仕事のできる人だけにはならないということです。




予断にはなりますが、この仮説が正しいのなら、仕事のできない人を排除するのではなく、仕事のできない人にも、それぞれ適性となる能力があるので、そういう能力を見出して、適職につけることが大切なような気がします。

これと同じで、この現実の社会では、すべての人を金持ちにすることもできません。

なぜなら、金持ちと貧乏人は切っても切れない間柄があり、人間の心の中に金持ちと貧乏という概念がある限り、貧乏人をなくすことは不可能なのです。

資本主義は競争社会であり、必ず勝者と敗者が生まれる仕組みになっているわけですから、こういうゲームをするような社会組織になっている限り、国がどんなに施策を講じても敗者は生まれ、貧乏人はなくなりません。

金持ちも貧乏もなくすのであれば、人間の心の中から、金持ちと貧乏という概念を追い出すしかないのです。










おすすめサイト
★モテる男の恋愛メールテクニック講座
★メルテク術と駆け引きメールで彼をトリコにしよう
★おひとりさまの心構えと老後の対策
★お金の貯め方・使い方・増やし方の思考方法
★ズバリ当たる大人のための血液型診断
★いい女がいい男を選ぶ時代がきた!
★男性に愛される女性の特徴と愛される方法
★間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方
★結婚相手、今の彼で本当にいいの?
★愛されてモテる「可愛い女性」になろう
★婚活での出会いから結婚までのアドバイス
★睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう
★男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
★しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛心理・深層心理
★人相による結婚相手の選び方
★うつ病患者さんは家族全員でサポートしよう


Copyright(c)2015 大人のための心理学 all rights reserved.
  △TOP